【WordPress】Kusanagiのやり方 | 導入方法からSSL化までの手順

WordPressにKusanagiを導入するやり方を紹介します。

最近では表示スピードを上げることがSEO対策として主流となってきて、SSL化も必須とまで言われています。SEOで損しない為にもWordPressをKusanagi化するのはとても重要です。

そこで、この記事では、WordPressにKusanagiを導入・SSL化するやり方を簡単に説明します。

今回つかうサーバー


今回使うレンタルサーバー(VPS)はConoHa VPSです。

ConoHaVPSは月額630円から利用できるレンタルサーバーで、最近では多くのブロガー/アフィリエイターがKusanagiを導入する為に利用されています。

では何故、ConoHaVPSがブロガー/アフィリエイターに多く利用されているかというと、WordPress, Kusanagiともに全自動でインストール機能があるからです。

普通だと、Kusanagiをダウンロードして、黒い画面でコマンドを入力してやっとKusanagiが使えるのですが、ConoHaVPSならボタンひとつで終わります。

他のレンタルサーバーではこの機能がなく、ConoHaVPS独自の機能の為、多くのKusanagi利用者に使われているというわけです。

無駄に手間を取りたくないので、今回はConoHaVPSでのやり方・方法を解説します。

ConoHa VPSを使う理由
  • コマンドが必要ない(全自動)
  • 月額が安い

WordPressにKusanagiを導入するやり方・方法

WordPressにKusanagiを導入する手順
  1. ConoHaVPSに登録
  2. サーバーを追加
  3. ドメインを登録
実際に、あなたがすることは上の3つだけです。

ConoHaVPSに登録


まず、最初にConoHaVPSにアカウント登録しましょう。

まぁ、当たり前ですよね。3分もあれば登録が終わるので、登録して管理画面まで進んでください。既にアカウント登録してある人は、次にどうぞ。

サーバーを追加


管理画面にある「サーバー追加」をクリックします。

VPS → アプリケーションに『かんたんKUSANAGI』ってやつがあるんで、これを選択してサーバーを追加しましょう。

この時必要になる情報は、rootパスワードの入力だけです。

ドメインを登録


追加したサーバーの管理画面にある「KUSANAGI manager」に移動します。

右上にある『作成』をクリックしてドメインの登録をします。WordPressを導入したい独自ドメインを指定してください。メールアドレスは受信できる奴ならなんでも大丈夫です。

これであとは、自動的にWordPressにKusanagiが導入されます。簡単ですね。

ついでにSSL化


KUSANAGI managerのサイト設定にSSL化があります。

これをONにすればSSL化終了です。まじめに1秒で終わります。

WordPressにKusanagiのまとめ

WordPressにKusanagiを導入する手順
  1. ConoHaVPSに登録
  2. サーバーを追加
  3. ドメインを登録
え、たったこれだけ?って思うかもしれませんが、これだけです。

ConoHaVPSを使うと3分もあればKusanagiが入ったWordPressが使えるので、めっちゃ便利です。そりゃ、みんな使うわって思いますよ。

最近では、Googleの検索順位が表示スピードに影響されることを明言しているので、高速化する必要性が高まっています。Kusanagiにするだけで、体感できるほど早くなります。

そのため、KusanagiはSEO対策として効果的です。

いまなら、新規アカウント登録すると700円無料で使えるクーポンが配布されているので、試す程度なら無料で使えます。今後、SEOで損しない為にも、一度試してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

『Lofery.com』の管理人 / 日本全国を巡っている20代前半ブロガー / 滋賀県を中心に行った所のレポートや商品などのレビュー、疑問の解決策など幅広く投稿しています。/ お仕事のお問い合わせはメールフォームからお願いします。