POVのカメラは何がおすすめ?撮り方とマウント方法3つ!!

未分類

POV撮影をするには、POVに適したカメラを用意する必要があります。

POV(主観視点、一人称視点)撮影するには、普通のビデオカメラでは撮影するのが困難です。

それは、カメラの大きさマウント方法が向いていなかったり、長時間の撮影に向いていないカメラがある為です。間違ったカメラを購入するとお金だけが無駄に…。

そこでこの記事では、POVを撮影するのにオススメのカメラと撮り方・マウント方法について解説します。この記事の通りにすればPOV動画が確実に撮れますよ。

こんなPOV動画が撮影できる


この動画は実際に、この記事で紹介する方法で撮影したPOV動画です。

車を運転している所をPOV撮影した動画なのですが、POVならではの撮影ができて、アイデア次第で面白い映像を撮影できるでしょう。

このような動画を撮影したいのであれば、この記事の通りにすれば確実に同じ動画が撮影できます。「んー。。」と思う方はあくまで参考程度でも読んでみてください。

POV カメラのおすすめ


実はPOV撮影できるカメラの選択肢は非常に少ないです。

その中でオススメするのが『GoPro HERO5 Session』というGoPro製のアクションカメラです。

GoPro HERO5 Session

GoProには色んな種類のシリーズがあるのですが、その中でもコンパクトな「Session」という機種を使っています。大きさは3.5cmの正方形です。

他にもアクションカメラという類ではたくさんあるのですが、『大きさ、性能、実績(大手)』という面で比べると、GoProに敵うものはないのが現状です。

そんなGoProの中でもPOVに向いているのが「Session」というわけですね。サイズは大きくなりますが、普通の「GoPro HERO7 Black」でも大丈夫でしょう。

最新版はHERO5 Session

GoProシリーズはHERO7まででているのですが、SessionシリーズはHERO5で止まっています

その為、Sessionの最新版が欲しい人は『GoPro HERO5 Session』を買うのをオススメします。

またGoPro HERO5 Sessionには「CHDHS-501-JP」と「CHDHS-502-JP」の二つの型番がありますが同じ物です。型番が違うだけで性能や見た目は同じなので、安心してください。

POV カメラのマウント方法

pov動画のマウント方法
GoPro Session以外に必要なのが『クリップ、フレーム、キャップ』の3つです。

私の場合POV撮影にはキャップにカメラをマウントして撮影しています。大体の人がこの方法でしょう。キャップにカメラをマウントしようとすると必要になるのが、クリップとフレームです。

クリップはキャップにGoPro製品をマウントする際に使われるアクセサリです。キャップにあるツバに挟んで使います。見た目以上に強力に挟んでくれ、純正品にしては安く手に入ります。

そして、クリップとGoPro Sessionを繋げるのに必要なのがフレームです。このフレームがないとGoProを装着できないので必ず必要になります。他のアクセサリを使う際にも必要になります。


撮り方

[box class=”blue_box”]
[colwrap]
[col2]

コメント

タイトルとURLをコピーしました