彼女のことが怖いと思うなら別れた方がいい。

「彼女が怖い」

これが別れる寸前に思っていた感情です。

別れてからも怖かったです。怖いという言葉より『恐怖』という言葉の方が合っているかも。

自分の存在意義なんてなくて、彼女が圧倒的な立場で、怖いけど、だけど彼女が大好きで。

いま昔の自分に何か言えるなら「我慢しなくていいんだよ」と声をかけたいです。

いまは彼女のことを怖いとは思っていません。

それはたくさん考えて悩んで見つめ直して。たくさんの葛藤のうえで解決しました。

今日はそんな話をしたいと思います。

なんで怖かったのか

「彼女に逆らえなかった」

これに尽きると思います。

世の中ではよく「惚れた方が負け」っていうけど、あれ本当だと思います。その子もそうでした。

年下でよくまがままを言うタイプで、怒ったらビンタする系女子です。

でも、機嫌が良い時は可愛くて甘えてきて。家庭的に色々と苦労している子だったので怒らず甘やかしてました。

ポジティブに考えたら「素を出してくれてる」そう考えて我慢してました。言い返したら言い返されるし。

そんな日々が続くとだんだん怖くなってきました。

自分の意見を聞いてくれない

彼女は意見を聞いてくれませんでした。

ある日すれ違いで言い合いをした時、「俺はこう思ってたからこうしたんやで」って話しても結果しか見てくれなくて。

それどころか「私の方が辛かったんだけど。」って、いわれて。精一杯の勇気を出していった言葉は何一つ聞かれず、全て私が悪いということに。

せめて「こう思ってたってだけ分かって」と100歩譲っても、それすら受け入れず否定してきました。

何を言っても言い返させる。ビンタされる。

その瞬間から全てが崩れ落ちていきました。

自分の意見、話、悩みこれらを聞いてくれない。理解してくれない。受け入れてくれない。

これが何より彼女を怖いと思った原因だと思います。

全てが恐怖になった

自分の存在意義ってなに?自分は必要なの?なんで付き合ってるの?

自分が彼女の前にいる意味、自分が彼女と同じ空間にいる意味が分からなくなって。

話しかけるのが怖くなって、返事をするのが怖くなって、LINEをするのが怖くなって、相手に自分の存在を意識させるのが怖くて。

彼女に対するアクション全てが恐怖になりました。

だって、また怒られるかもしれない。また受け入れてくれないかもしれない。ビンタされるかもしない。

怖いじゃないですか。

でも彼女のことは大好きなんです。

例えば「明日遊べる?」なんて聞けませんでした。だって「いま体調悪いんやけど。なんで分かってくれんの?」みたいになるかも知れないし。

今まで散々否定して、今までの関わり方すら否定された自分ができるはずがありません。怖いでしょ。

結局フラれた

結局最後はフラれました。

最後にLINEで「自分で精一杯だから別れよ」って。

いま思うと正しい判断だと思いますが、当時は滅茶苦茶荒れました。

拒食になって体重が53kg(元62kg)まで減って。大好きだった仕事も辞めて。完全にひとりになりました。

まぁ、なんやかんやあって回復した訳ですが。

彼女が怖いなら別れた方がいい

彼女が怖くてなにもできないのなら、恐怖で情緒不安定になるのなら、別れた方がいいです。

無理をして付き合う必要はありません。

大好きなのは分かります。だからこんだけ我慢してきたんです。でも、あなたが我慢する必要なんてない。

カップルなんですよ?何故あなたが恐怖になってまで頑張る必要があるのでしょうか。

例えあなたがこのまま我慢して関係が続いたとして、あなたの恐怖は変わらないと思います。

もしかしたら増してるかもしれない。

「彼女が怖くてなにもできない」

こう思った瞬間から別れるのがあなたがあなたでいられる唯一の方法なのです。

最後に

彼女と別れてから半年はめっちゃ引きずりました。

それはもうどんだけ好きやったんやってぐらい。でも人間って面白いもんで、色んな所に行って、色んな人に会って、色んな事をしてたら忘れます。

忘れるっていうか薄らぎます。

いまはもう新しい彼女ができて楽しくやってます。

これもあの時、彼女が別れるという答えをだしてくれたからです。あのまま続いていたらどうなってたんでしょう。

「彼女が怖い」のなら別れましょう。せめて距離を取りましょう。そしたら色んな事をしてください。

気づいたらまた笑っているはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

『Lofery.com』の管理人 / 日本全国を巡っている20代前半ブロガー / 滋賀県を中心に行った所のレポートや商品などのレビュー、疑問の解決策など幅広く投稿しています。/ お仕事のお問い合わせはメールフォームからお願いします。