ヒューマンエラーに重要な5つの対策

ヒューマンエラーとは人的なミスのことを意味します。

人間である以上必ずどこかでミス(失敗)を起こします。ちょっとしたミスですね。

小さなことなら大丈夫ですが、これが大きな問題に発展するミスだった場合、取り返しがつきません。

このヒューマンエラー(人的ミス)を出来る限りなくすように対策するのが今回紹介する「ヒューマンエラー対策」です。

ヒューマンエラーの対策

ヒューマンエラー対策には「予防」と「対応」があります。

予防はヒューマンエラーが起らないように事前に対策することで、対応はヒューマンエラーが起ってしまった場合を予想した対策です。

この2つの種類の対策を紹介します。

ヒューマンエラー対策: ダブルチェック

1人ではなく2人で問題がないか確認するのが「ダブルチェック」です。

1人目が確認した内容を別の人にもう一度確認します。重要なのは同じ内容を確認することです。

例えば、文章の場合同じ人が何度確認しても誤字を発見することができない場合がありますが、別の人が確認するとあっさりの見つけてしまう場合があります。

ダブルチェックといいますが、その重要性の度合いから3次チェック、4次チェックと増やすこともできます。

ですが、増えすぎると効率が悪くなるので、重要度にあうダブルチェックを行いましょう。

ヒューマンエラー対策: 指差喚呼

指で差しながら声をだし確認するのが「指差喚呼(しさかんこ)」です。

駅員さんや電車の運転士の人が行っているヒューマンエラー対策ですね。

「〇〇よーし!」みたいなやつです。

「目で確認 → 腕を伸ばして指を指して → 口に出して → 自分の耳で確認を聞く」この4つのステップを行います。自分の行動と発言で確認する感じです。

声をだして確認することで聞いている他の人がミスに気づきやすくする効果もあります。

ヒューマンエラー対策: 記憶エラー対策

メモやチェックリストなどで確認するのが「記憶エラー対策」です。

確認する時はメモに書いてチェックしたり、チェックリストを作り1つ1つ確認する方法になります。

実際に手を動かすことで記憶的に覚えることもでき、チェックリストでまとめることでチャック忘れを防止する効果もあります。

ヒューマンエラー対策: コーヒーやガムを食べる

コーヒーがガムなどを食べて休憩しましょう。

これも重要なヒューマンエラー対策です。働いているのは人間です。人間は誰しも疲れる生き物で、疲れが溜まったり眠たくなると単純なミスを犯しやすくなります。

特に重要なのが「眠気」です。眠たくなると注意散漫になり安全性が極めて低下します。運転手や機械の操作員など命の危険性がある作業程、こまめな休憩と眠気覚ましをしてください。

ヒューマンエラー対策: 安全装置、安全距離

もしヒューマンエラーがおきてしまった場合の対処も考えておきましょう。

この対策として有効なのが「安全〇〇」です。

人間どんなに注意していてもミスはしてしまいます。その時、ミスを犯してしまっても大丈夫なように、安全装置をつけてストップさせたり、安全距離をとってぶつからないようにするなど、事前に対策します。

ミスが起こっても大丈夫なようにしましょうってことですね。

ヒューマンエラーのまとめ

人間なので誰しも必ずミスします。

2人でチェックする。声に出してチェックする。チェックリストでチェックする。眠気覚ましをする。安全装置を付ける。

全て今からでもできる対策です。重要な工程ほどきちんとヒューマンエラー対策をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

『Lofery.com』の管理人 / 日本全国を巡っている20代前半ブロガー / 滋賀県を中心に行った所のレポートや商品などのレビュー、疑問の解決策など幅広く投稿しています。/ お仕事のお問い合わせはメールフォームからお願いします。