GoPro Sessionに外部マイクを接続させながら充電する方法

未分類

GoPro Sessionに外部マイクを接続させながら充電する方法を紹介します。

GoPro Sessionはお世辞にも充電がもつ方ではありません。なので、充電しながら使うのが好ましいのですが、音質を気にすると外部マイクも接続したいのが願望です。

そうなると端子が足りない…。そんな時に活躍するのが今回紹介する変換アダプタです。

GoPro Sessionでするには


GoPro Sessionに外部マイクを付ける場合、変換アダプタが必要になります。

GoPro SessionにはType-Cの入力端子がついているので、そこから外部マイクに変換するアダプタを用意します。ついでに充電できるようにするには、Type-Cの入力端子もついた奴が必要です。

上の画像は、私が実際に使用している変換アダプタで、今回この記事で紹介する方法になります。

必要な物

[box class=”blue_box” title=”必要な物”]
Sony USB Type-C™ 2-in-1 ケーブル
[/box]
私が利用しているのはSony製の2-in-1ケーブルです。ひとつのType-C端子からミニジャックとType-C端子に分けてくれます。

選んだ理由として欲しい機能があること。そしてSony製という安心があるところです。

これは実際に当たりで、GoPro HERO5 Sessionに使っていますが問題なく使えています。音質も悪化していないので、文句なしですね。

安く発売されている無名メーカーの奴は、アダプタが無駄に大きく使いにくいのですが、これはシンプルなので、見た目もよく気に入っています。

GoPro Sessionに外部マイクを付ける


使い方は簡単です。

GoPro Sessionには側面にType-Cの入力端子がついています。ここにSonyの2-in-1ケーブル(アダプタ)を付けます。そしたら反対側にあるミニジャックにマイクの端子を繋げます。

これで完了です。設定もなにもいらないので誰でもできます。

充電する時も一緒


充電する時も一緒です。

反対側にType-Cの端子があるので、そこに充電用のType-Cのケーブルを繋げましょう。私は上のケーブルと一緒に使っています。

Sonyの2-in-1ケーブルは短いので、充電用のケーブルは少し長めがおすすめです。

GoProに外部マイクをつける方法まとめ

[box class=”blue_box” title=”必要な物”]
Sony USB Type-C™ 2-in-1 ケーブル
[/box]
GoPro Sessionに外部マイクを接続させながら充電するには『Sony USB Type-C™ 2-in-1 ケーブル』がおすすめという記事でした。

今のところ使っていて不具合も何もないので、使えなくなるまで使うつもりです。

Sonyの純正品でありながら安く買えるので、迷っているならこれにすればが損しませんよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました